不動産ではなく「人」を届ける-株式会社グローバルセンター

コネクトくん
コネクトくん

高松市内で不動産賃貸の仲介件数が圧倒的No. 1(※賃貸住宅新聞調べ)の株式会社グローバルセンター。今回は賃貸の営業職である「ルームアドバイザー」のHさん、広報担当のIさん、総務担当のKさんにインタビューして企業の魅力に迫っていったよ。

まずはルームアドバイザーのHさんからお話を伺うよ。

就職しようと思ったきっかけを教えてください。

ルームアドバイザー:Hさん
ルームアドバイザー:Hさん

もともと人に何かを教えるのが好きで、人のためになることをしようというのが根本にありました。不動産の仕事って、情報を「教える」という共通点があって、尚且つ一緒に判断していけるので、物件提案ってすごくいいなって思いました。

それと、私自身が家を見るのが好きで、大学四年間ずっと実家で過ごしてたんですけど、ずっと一人暮らしに憧れてて、物件とかも大学時代に色々検索したりしていたんですよね。そういうのも提案できる仕事って良いなって思ったのが最大のきっかけですかね。

「教えることが好き」と、「物件探しが好き」がマッチする企業がグローバルセンターだったんですね。

コネクトくん
コネクトくん

仕事をしていて良かったことを教えてください。

ルームアドバイザー:Hさん
ルームアドバイザー:Hさん

お客様の部屋が決まって鍵をお渡しする時に、私の接客に関してのアンケートを書いてもらって返送してもらっているんですけど、そのアンケートに「Hさんに担当してもらえて良かった」とか、「Hさんがすごく良くしてくれたので良い物件が見つかりました」などの声が返ってきた時はこの仕事をしていて本当に良かったなと思います。

車での物件案内の様子

お客様の喜ぶ声がダイレクトに感じられるのはモチベーションに繋がりそうですね!

コネクトくん
コネクトくん

仕事をしていて辛かったことはありますか。

ルームアドバイザー:Hさん
ルームアドバイザー:Hさん

辛かったことか〜(笑) やっぱり最初は、業務内容や物件情報など覚えることがたくさんあったので、頭の中がいっぱいいっぱいになってミスすることがあったんですよね。そうやってミスしてしまった時はすごく落ち込んだり、辞めたいなと思った時も多少はありました。でも、うちの会社の良いところは周りの環境で、社員同士が支えあってカバーしています。ミスした時そこを補ってくれる先輩などの存在が、気持ち的にすごくやりやすくしてくれます。

社員同士でカバーしあえるのは素敵ですね。

コネクトくん
コネクトくん

自分が成長するために行なっていることがあれば教えてください。

ルームアドバイザー:Hさん
ルームアドバイザー:Hさん

新人時代と気持ちは変わらず、一つ一つの業務を確実にやっていくというところと、やっぱり物件の情報ってエンドレスに出てくるんですよね。その新しい物件情報をお客様に提案できるように勉強していくっていうのが日々行なっていることです。

いつまでたっても勉強は大事ってことですね。

コネクトくん
コネクトくん

コネクトくん
コネクトくん

次は広報担当のIさんにお話を伺うよ。

仕事の際気をつけていることを教えてください。

広報:Iさん
広報:Iさん

そうですね、情報を整理することです。伝えたいことってすごくたくさんあると思うんですけれども、その中で何を一番目立たせたいかっていうのを考えるようにしています。例えば全部リノベーションした物件とかだったら、「フルリノベーション物件」を大きく出したり、新しく建った新築だったら「新築物件」っていうのを大きく見出しにつけたりしています。

どの情報をお客さんが一番求めているのかを常に考えてデザインされてるんですね!

コネクトくん
コネクトくん

入社前とのギャップがありましたら教えてください。

広報:Iさん
広報:Iさん

外注して広報する事が多いのかと思っていましたが、社内でデザインする事が多いことに驚きました。ポップや動画、新卒向けの冊子、さらにはホームページなどを社内で作っています。それによってコストカットが実現できているのはすごいなあと思いました。

社内打合せ風景

想像よりも社内でデザイン業務をする事が多いことがギャップだったんですね。

コネクトくん
コネクトくん

どのようなことを大学生に求めていますか?

広報:Iさん
広報:Iさん

広報に関してというのは答える事が難しいですね。いろんな人と関わったり、イベントなどを企画したりするなど、「行動力」をつけておく事が大事だと思います。社内でのイベントの企画も広報が行っています。

「行動力」を身につけれるよう頑張ります!

コネクトくん
コネクトくん

コネクトくん
コネクトくん

次は総務のKさんにお話を伺うよ。

求める人材はどんな人ですか?

総務:Kさん
総務:Kさん

昔から求めていることは、素直さや一生懸命さ、接客業なので明るさや話しやすい人など皆さんに求めることはすごく基本的なことですね。専門的な知識よりも基本的なことだと思います。

専門的な能力より人柄を重視されているんですね。

コネクトくん
コネクトくん

なぜ県外や市外に事業展開していかないのですか?

総務:Kさん
総務:Kさん

社長が言われる理由としては、県外に進出すると転居を伴ってしまうので、「社員にそれをさせたくない」ということはよく言われます。社長はもともとサラリーマンで転勤族だったのでその大変さを知っているからだと思います。会社が大きくなっていっても、社員には香川県に落ち着いて安心した生活を送ってほしいというのが、社長の願いの一つなので、それが大きいと思います。

転勤で大変な思いをさせたくないなんて、社員想いの素敵な社長さんですね。

コネクトくん
コネクトくん

グローバルセンターの将来像を教えてください。

総務:Kさん
総務:Kさん

社長は5年くらい前までは、会社の規模としては150人ぐらいが最終形態かなとお話しされていました。しかし、現在140人まで来て、150人で止まらず、200人に到達する気がしています。これからも、今と同じように会社が大きくなって、地域との繋がりが強くなっていると良いなあと思います。

これから規模を拡大させていく予定なんですね。

コネクトくん
コネクトくん

香川県の人にどのようなことを届けたいですか?

総務:Kさん
総務:Kさん

会社のパンフレットにも書いてありますが、「私たちが届けたいのは不動産ではなく人です」というのがキャッチフレーズです。不動産を提供することはどこの会社でもできるのですが、AI時代になったとしても、接客という部分は大切にしていきたいです。社長は、「我々の商品は、不動産ではなくて人(接客)が商品だ」とよく仰っています。

お部屋探しの様子

とても素敵なキャッチフレーズです!最高の接客を届ける事を大事にされてるんですね。

コネクトくん
コネクトくん

コネクトくん
コネクトくん

以上でインタビューを終了させて頂きます。実際にお話しさせていただいた事で、漠然と思っていた「不動産業は物件を売る仕事」という考えがガラッっと変わりました。不動産ではなく「人」を届ける。とても素敵な考え方で感動しました。株式会社グローバルセンターの皆さま、本日はお忙しい中、長時間にわたりご協力頂きありがとうございました。

社名株式会社グローバルセンター
本社所在地〒761-8071 高松市伏石町2016-20
設立平成元年7月20日
資本金5,000万円
URLhttps://www.global-center.co.jp/